安全で楽しい、バラエティーに富んだ山行。初心者から上級者まで、安全で魅力的なハイキングが楽しめます。

新ハイキングクラブ

新ハイキング 支部紹介

川崎支部

川崎支部の旗
本部会員の支部員数 44名
賛助会員の支部員数 17名
合計支部員数 61名
【例会場所】川崎市中原市民館

1957年創立。現在男35名、女26名。平均年齢は73歳。70歳以上が46名とメンバーの高齢化が進行しています。メンバーの平均在籍年数は11年。40名が20年未満。高齢化によりきつい山は登れなくなった人、まだまだ登りたい人の二極化が進んでいます。

支部山行リーダーは?

川崎支部よりも数カ月誕生が早い支部長を筆頭に、支部山行を担当するリーダーが6~7名います。
本来は誰もが手を挙げて行きたい山を出して、係を担当することになっていますが、固定化しているようです。

年間山行本数(山行形態別・グレード別)

昨年の山行数は49本。うち日帰りの山行が33本。参加延べ人数は314名。一人平均4~6回参加しています。
グレードも一般向きが半数を占めます。テント山行、避難小屋山行をやりたいメンバーがいるのですが、なかなか実施できない状況です。
山というと日本百名山を登りたいという人が必ずいますが、川崎支部では登った人がゴロゴロいて、もう食傷気味のようで百名山は人気がありません。あまり人の行かないマイナーな山に人気が集まったりします。

支部山行の山はどうやって決めるの?

年に2回、山行計画を持ち寄ります。いきなり「係をやれ」と言われてもできるものではありませんので、行きたい山を出してもらうことにします。行きたい山として挙がった山を候補に入れて、係を担当しているメンバーが山行計画を立案します。行きたい山としてその山を提案した人には係に加わってもらうようにしています。
初めて係を担当する人の場合は支部長やベテランの係がサブとして応援することにしています。

支部例会会場や会費の説明

支部例会は月一回。原則として第一水曜日の18時30分から、武蔵小杉駅東口の中原市民館で行っています。興味のある方は、一度覗いてみてください。
会費は年3000円。支部ニュースをデータで受け取ることを申し出た会員は1000割引の2000円になります。

お問い合わせ・連絡先

支部長 寺田 昌樹
【住所】〒247-0007 横浜市栄区小菅ヶ谷2-27-19
【電話】080−3727−8918
【メール】ma-terada@amy.hi-ho.ne.jp
【ホームページ】https://site-3952063-2326-2058.mystrikingly.com/

2019年忘年山行・伊豆大島
2019年忘年山行・伊豆大島

▲ページTOPへ戻る

Copyright ©2003- Shin Haiking All rights reserved.