読んで、登って、仲間ができる「新ハイキング」

「お山の教室」開催中!

「WEB会員」限定 山名検索システム

「新ハイキング」本誌 毎月15日発売。最新号目次公開中!

新ハイキング最新号のグラビアページ掲載写真の一部が グラビア写真掲載中 のページでご覧いただけます。

出版

ハイキングクラブ

リンク

新ハイキングクラブ 「お山の教室」

<<【「お山の教室」講座スケジュール】へ戻る

「お山の教室」第30回 『スノーシューの魅力とポイント学』

開催月日:2014/12/15(月)13:30~15:30 (開場13:00)
受講料:500円
講師:大和田良一さん(新ハイキングクラブリーダー・浦和支部運営委員)
場所:板橋区ハイライフプラザ(JR埼京線板橋駅から徒歩1分) 略図は返信はがきに記載します
定員:30名

主な内容

ハイキングといえば、今までは春から秋の気候の良い時期に楽しく出かける、というのが定番でした。
またもう少し大変な山登りでも、やはり春から秋までがハイシーズンで、冬は暖かい雪のないところに登るのが精一杯という方々が多いのではないでしょうか。

雪山は悪天候のリスクが夏山に比べて桁違いに高く、積雪が多ければ苦しいラッセルをこなすために大人数のパーティで臨むのが当然、コースタイムは夏時間の数倍かかるというのが、多くの方々の常識でした。

そこに「スノーシュー」という救世主が現れました。

スノーシューを使いこなせば、少人数でも夏時間とあまり変わらないスピードで山を歩き、条件さえ許せば標高2000メートルを越えるような中級山岳でも登頂を果たすことができます。
しかも使いこなすと言っても、それはほんの数回気を付けて歩いてみればすぐに達人の域に届くほど簡単です。

今回は、そんなスノーシューの魅力と使いこなしのコツ、選び方をお話しします。
講座の後、ご自分で幾度か歩いてみればもう「達人!」になれるように、具体的な情報をお届けします。
この冬から冬眠はやめましょう。

レポート

第30回となるお山の教室は「スノーシューの魅力とポイント学」のテーマで、講師は新ハイリーダーの大和田良一氏で定員オーバーとなる人気となった。

要点は

  1. スノーシューを使うことで雪山を楽しむことができる
  2. スノーシューには平地用と登山用がある(実物で説明)
  3. スノーシューでの歩き方、キックステップの応用
  4. 雪山での注意点

以上をパワーポイントを使用しての説明となり、1月・2月にクラブ山行で実践編を行うとの予告があった。

講座の様子
講座の様子

<<【「お山の教室」講座スケジュール】へ戻る

▲ページTOPへ戻る

Copyright ©2003- Shin Haiking All rights reserved.